閉じる

箱根湯本 至福のランチ! 手打ち蕎麦 彦 レビュー

2018/11/11
382BD670-8B87-4D9C-BBF3-6CB2D98594DC

おはようございますこんにちはこんばんは!

7月にHAKONE TENT に来ました、スタッフのkoheiです。

箱根には数々の名水が湧いているようで、蕎麦の名店が多く集まっています。
今回は箱根湯本でソービング(そばを思いのままに堪能すること)をしてきました。

箱根のガイドブックを見れば、芦ノ湖中心に数々のそば屋が紹介されていますが
中でも一店舗気になるお店がありました。

「手打ち蕎麦 彦(げん)」さんです。

店主の方は独学で蕎麦を研究したようで非常に気になります。

箱根湯本駅から須雲川沿いを歩き、15分程度の距離。
952B09DA-A1B2-4D56-8EAD-B865AA5EE8FE
道の途中、すごくきれいだったので写真をとりました。
43BB46C5-06CD-4FB0-AA86-EF205F456D69
15分も歩くとさすがに喧噪はなくなり、静かな佇まいなお店を発見。

6A73A39E-F845-4025-8475-C474AC5C1B77

12:00頃に到着しました。

A3230DEE-7BE2-4CC6-BF62-75C61C2D5819
こちらがメニューです。
たくさん種類がありますが、
そばの実を殻ごと石臼で挽いた二八の彦(げん)、一九のせいろの2種類が基本です。

(彦は一日数食限定のようです。この日は土曜日で12:00には注文できましたが、そのあとすぐに完売したようです。)

鴨汁蕎麦が有名、特に力を入れているようで思い切って注文。

3C35924E-9ECB-4452-8CD3-F40DB23AAE09

10分程度できました。

まず、第一印象は
盛り付けに無駄がなく、美しい。
そしてすだちがかすかに香り、上品さを醸します。

味はどうかといいますと、、、

思わず笑顔がでます!
「おいしい」の表現にはたくさんありますが、これが一番適切だと思います。

彦は殻ごとそばにしているだけあって、
手打ちそばならではの舌触りが感じられます。

つけ汁は鴨の出汁が十分に効いており、
箸が止まりません。

ただ1850円でこれだけかと思ってしまったのではありますが、
そんなことはありませんでした。

4CD2BA3E-BE7A-4F82-8B0A-F4D3D0594C85

鴨肉が5~6枚つけ汁に入っており、
かなりのボリュームです。思った以上に満腹になりました。

ここで追い打ち。おかわりでせいろも注文しました。

B2BCE26A-4FD0-45A1-A30B-101F4E3316C7

せいろは彦とは違い、なめらかでつるっとした舌ざわりで
そばの香りが特に強い印象です。

あとはほとんど覚えてません。(笑)
美味しかったので夢中になって食べてしまいました。

そばの味に加えて、店内の雰囲気も非常に良かったです。

女将さんのさわやかな振る舞いや
店主さんは店内を見渡せる位置で調理し、時折見せる笑顔に
居心地の良さを感じました。

落ちついた雰囲気で極上のそばを堪能できる場所が
「手打ち蕎麦 彦」さんです。

ブログ掲載を快く受け入れていただきありがとうございました。

また行きたいと思います。

つぎは芦ノ湖近辺でソービングをしたいと計画中です。

HAKONE TENTは箱根の強羅に位置する温泉付きのゲストハウスです。スタッフで少しずつ箱根を皆様に知ってもらおうとブログをはじめました。

山々に囲まれた大自然の箱根を散策してデイタイムを楽しみ、HAKONE TENTに戻ってきて温泉へ、その後は自慢のBARで世界中からやってくるゲストとともに、くつろいでみませんか。

Writter

kohei
kohei
休みの日は1日3回温泉に入ります。 そして日本人です。