閉じる

箱根湯本で日帰り温泉&川沿いディナー

2020/07/31
IMG_1225

スタッフJuneです☺︎

先日、箱根湯本まで遊びに行ってきました!

私たちゲストハウス HAKONE TENTの最寄駅である強羅駅から箱根湯本駅までは、箱根登山電車(去年の台風の影響で一時運休)の臨時バスで約30分ほどです。強羅駅始発点、箱根湯本駅が終着点ですので降車地を気にせず乗っていれば着いちゃいます⭐︎
※現在、箱根登山電車は通常通り運行しております!

まず、『箱根湯寮』に日帰り温泉です。箱根湯本駅からは徒歩で20分ほど。お散歩にちょうど良い距離です。私は歩いて行きました!駅から湯寮までの道も自然に囲まれていて最高です。
IMG_1230_Original-2IMG_1231_Original-2IMG_1237_Original-2

無料送迎バスも出ています。観光でお疲れだったり悪天候の場合はこちらで約3分ほど。15分間隔で出ています。

IMG_1229_Original-2

広々とした大浴場で露天風呂もありサウナもあり、かなり充実しています!大満足でした、、。

また、サウナでは1時間に1回スタッフさんによってロウリュウが行われています。その都度違うアロマを使用しているそうです。

※ロウリュウとは?

フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つで、熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果がある。 サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなどが加えられる。アロマ水を蒸発させた後にうちわなどで仰いで熱波を送る。

IMG_1238_Original-2IMG_1242_Original-2

温泉に入った後は、無料の休憩室で横になってリラックス☺︎ 女性専用スペースもあリます。

本、雑誌、漫画もあり自由に閲覧することができます↓↓↓

IMG_1248_Original-2IMG_1243_Original-2

 

箱根湯寮で癒された後は、箱根湯本駅に戻りごはんタイムです。

今回は『湯葉丼 直吉』に行きました。箱根湯本の早川沿いにある湯葉丼のお店です。平日の17時ごろ行きましたが時節柄なのか待ち時間0分で、しかも運よく景色がいい席!

 

サッポロビール箱根ラベルもちゃっかり☺︎

IMG_1225IMG_1222-2

メニューはこんな感じです↓↓↓私は湯葉丼+湯葉刺しセット(湯葉丼、湯葉刺し、姫とうふ、小鉢)を注文しました。

IMG_1219-2IMG_1220-2

IMG_1224-2

土鍋にカツオ出汁のスープで沸し汲み上げ湯葉を浮かべて卵でとじたもので、出来立て熱々で三つ葉がいいアクセントでした。お腹いっぱい、大満足!

混雑時は整理券も配布しています。箱根湯本にあるので箱根に着いてすぐでも帰り際でも立ち寄りやすいのでおすすめです。

 

駅に戻ると見えた箱根湯本駅目の前に大きな『かっぱ天国』の文字。駅から歩いてすぐです。

こちらは日帰り温泉もありますが、今回は足湯だけ利用しました。特に受付はありません!料金箱に入れるだけ!箱根湯本駅を見下ろしながらの源泉足湯、貸切状態でかなりリラックスできました。

IMG_1218-2 IMG_1211-2

 

以上、スタッフJuneのとある1日でした。

箱根登山電車

2020年7月23日より営業運転再開

箱根湯寮 https://www.hakoneyuryo.jp/spa/public/ 

営業時間 5/18より10時~20時(最終受付19時)

料金 大人1500円 小人750円<17時以降>大人1,000円(通常1,500円)/小人500円(通常750円)

アクセス 箱根湯本駅から徒歩約20分/無料送迎バス約3分

TEL 0460-85-8411

Email yuryo@hakoneyuryo.jp

 

湯葉丼 直吉

営業時間11時〜18時ラストオーダー

定休日 火曜日 祝日の場合営業

アクセス 箱根湯本駅より徒歩5分 早川沿い

TEL 0460-85-5148

 

箱根湯本温泉 かっぱ天国 http://www.kappa1059.co.jp

営業時間 10時〜22時

料金 足湯 大人200円 小人100円

露天風呂 大人800円 小人400円

貸切風呂 45分1000円

宿泊室 5000円〜

アクセス 箱根湯本駅より徒歩3分

TEL 0460-85-6121

 

※営業時間等変更される可能性がありますのでその都度サイトにてご確認されることをお勧めします。

HAKONE TENTは箱根の強羅に位置する温泉付きのゲストハウスです。スタッフで少しずつ箱根を皆様に知ってもらおうとブログをはじめました。

山々に囲まれた大自然の箱根を散策してデイタイムを楽しみ、HAKONE TENTに戻ってきて温泉へ、その後は自慢のBARで世界中からやってくるゲストとともに、くつろいでみませんか。

Writter

樹音
樹音
皆さん、こんにちは!日本人スタッフJuneです!