閉じる

箱根 おすすめの朝食!~強羅近辺で美味しいのはこれだ!~

2018/12/29
s_Inked20181027_214011713_iOS_LI

おはようございますこんにちはこんばんは。スタッフのkoheiです。

今回は箱根で食べるおすすめの朝食をご紹介します。

箱根の観光は基本的に強羅を起点にすると
様々な観光地へアクセスが可能です。

彫刻の森美術館や仙石原、大涌谷、芦ノ湖エリアなど、、、

強羅からだと観光の計画が立てやすいのですが、
一つ懸念点があります。

朝食はどこで食べるか、です。

もちろん朝食なしでも活動できる方はいると思いますが、
箱根の観光はハイキングをはじめ、結構体力を使うケースが多いように感じます。
ですので朝食は欠かせません。

そこで強羅を起点として朝食を取るにはどのような選択肢があるのか
まとめてみました。


低予算プランにオススメ 「買ってきて食べる」編

観光地ともなると食費はかなりかかってしまうのが現状です。
そこで低予算の旅行プランで考えると
事前に買っておき、用意しておくのも一つの選択肢となります。

テイクアウトでオススメはやはりベーカリーです。

箱根はベーカリーの激戦区!

箱根には著名なベーカリーが点在しており、
たとえば、元箱根や宮ノ下、箱根湯本など場所は様々です。
強羅にくるまでに、もしくは来て観光を終えた後でも
買うことができるので良い選択肢ではないかと思います。

全店舗紹介をしたいところではありますが、
今回は「Bakery & Table 箱根」さんを紹介します。

元箱根港近辺の立地なので、
芦ノ湖近辺の観光を終えてから立ち寄ることが可能です。

s_20181211_023917811_iOS

こちらが店舗です。
一階には足湯につかりながら
芦ノ湖を一望できるテラス席があります。

s_20181211_024522175_iOS

店内には数十種類のパンがずらりと並べられ、
スタンダードの食パンやあんぱんをはじめ、
キューブ型の「箱ね」や「バルサミコソースねぎドッグ」などの
変わり種もあります。

s_20181211_024533007_iOS

入店したらこちらにパンの番号と個数を記載して
レジへもっていき番号札を受け取ります。

s_20181211_024609897_iOS

店内にはBakery&Table のグッズも販売してます。
トートバッグや文房具など。
デザインがかっこいい。。。

安くて絶品!コスパ最高のパン!

さて実際に買ったパンがこちら

20181211_061259811_iOS

(テイクアウトで帰宅してから撮影してます。コーヒーは自分で淹れてます。)
左から
・クロワッサン ¥180
・パン・オ・ショコラ  ¥220
・サパン・ド・ノエル ¥200(期間限定)
合計 ¥600(税別)です。

パンにしては割高かもしれませんが、
期待以上の味なので、¥600では安いように感じます。

偶然にも購入したパンがどれも甘かったので
コーヒーにも抜群に合います。朝食には最適ですね!

Bakery & Table さんのパン製造技術は
帝国ホテルに日本初のベーカリーを開き、
ホテルパンの技術を伝えたイワン・サゴヤンに師事した
岸本光雄さんというかたから継がれたものだそうです。
(Bakery & Table HPより引用)

日本初のベーカリーの遺伝子を引き継いだ
歴史的ともいえるようなパンを
安価で買えるというのは
Bakery & Tableさんでしか経験できないことですね!

それもまさか温泉で有名な箱根で食べられるとなると
行くしかないですよね!

他にもメロンパンやクリームパン、チョコのデニッシュも買いましたが
どれも美味しいですね!
スタッフで分けて食べましたが、すぐになくなってしまいました。

低予算かつコスパ最強の朝食を検討の際は
ぜひこちら、Bakery & Tableさんでのテイクアウトをおすすめします。


Bakery & Table 箱根
(以下HPより抜粋 2018年12月現在)
TEL: 0460-85-1530
営業時間(定休日:なし)
・ ベーカリー   10:00~17:00
・ パーラー   10:00~17:00
・ カフェ   8:30~17:00(L.O.16:30)
・ レストラン
[朝食]9:00~11:00(L.O.10:00) ※土日祝のみ
[通常]11:00~18:00 (L.O.17:00)
〒250 – 0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根9-1
(芦ノ湖湖畔/箱根海賊船 元箱根港すぐ)
東名 厚木IC ~55分(小田原厚木道路~箱根新道~県道75号経由)
東名 御殿場IC ~45分(国道138号~県道75号経由)

※今回はテイクアウトでのレポートでしたが、
Bakery & Table さんではカフェ・レストランも併設しており、
現地でも食事を楽しむことができます。


 遠方からくる方にぜひ! 「究極を堪能」編

「究極の朝ご飯」

箱根の朝食を調べていると「究極の朝ご飯」なるものを発見しました。

次に紹介するお店は
宮ノ下駅から徒歩で10分、「箱根自然薯の森 山薬」さんです。

チェックアウト後に電車で東京や京都に向かう方や
箱根にはなかなかこれないという方で
「究極を堪能したい」方にオススメです。

s_20181211_005232052_iOS

こちらが店舗の写真です。
小さな店舗なんだな。。。と思いましたが
ここから階段を下り、地下に本舗があります。
40席以上あるそこそこ大きなお店でした!

20181211_013009264_iOS

入店して驚きましたが、
こちらの山薬さん、なんと窓側5テーブルから
壮大な景色を堪能することができます。

s_20181211_010328762_iOS

写真では伝わりにくいですが、
かなりの絶景で、おそらくもう少し早い時期にいけば
紅葉も見れたかと思います。
(紅葉に関してはこちらの記事でも紹介しております。)

ボリュームと味の調和!

 

20181211_010241404_iOS

朝ごはんのメニューはこちらです。
・究極の朝ご飯 ¥1,680(税別)
・銀しゃりとろろ飯 ¥1,380(税別)
上記2種類ありますが、
もちろん究極の朝ご飯を注文します。

s_20181211_010810558_iOS

10分もたたずに運ばれてきました。
「究極の朝ご飯」にはこちらの品が含まれております。
・銀しゃりの釜めし
・自然薯とろろ(のり・ネギ・わさび)
・坂本さんちのこだわり卵
・旬の香の物
・木の子汁
・箱根名水「汲み豆豊」
・自然薯さつまあげ

これだけか。と思ってしまったのですが
実際のところ、ボリュームは最高です。

ご飯はお替り自由なので
必ず満腹になることでしょう。

20181211_011056592_iOS
とろろには薬味をかけていただきます。

もちろんおいしいですね!

とろろは少しずつ食べて
合計5杯いただきました。(ご飯お替り自由なので食べすぎました。)

食べてて思ったのが、全体的に味のバランスがとてもいいです。
とろろは確かに美味しいのですが、
さつまあげの口の中に旨味が残る感じが
名脇役にも思え、
最後に食べた卵もちょうど良い濃さで
しつこくなくかつ濃厚な旨味でした。

全体としてボリュームがあるのにも関わらず
バランスがしっかり保たれています。

普通なら「究極」とメニューに名前を入れるのは
できないことだと思います。

ですがこちらの朝ご飯、
たしかに「究極」です。

小田原へ向かう方や、
なかなか箱根に来られない方、
ぜひこの究極を味わってください!

自信をもっておすすめできます。


箱根自然薯の森 山薬
神奈川県 足柄下郡箱根町宮ノ下224
(以下HPより抜粋 2018年12月現在)
最寄り駅 宮ノ下駅
箱根登山鉄道鉄道線宮ノ下駅より徒歩約5分
電話番号 0460-82-1066
営業時間
10:00 ~ 20:30
7:00~20:30(LO20:00)土日祝
ラストオーダー 20:00
定休日 無休
禁煙席 喫煙席なし
駐車場あり

※今回ご紹介しました、「究極の朝ご飯」は平日・土日祝11:00までのメニューになります。


番外 「ゆっくり起きて温泉入ってから食べる」編

宿泊者様限定!HAKONE TENTの朝食

実はHAKONE TENTでも
宿泊者様限定で朝食の提供をしております。

20181215_111812277_iOS
¥500(税込み)で下記を含みます。
・チーズパン
・ライ麦パン
・日替わりスープ
・ドリンク

スープに関しましては前日の人数やゲストの嗜好に合わせて
日替わりでスープを提供しております。

パンに関しては、こちら

20181214_234005058_iOS 1

BALMUDAで焼いています。ふっくらと焼きあがります!

またドリンクは5種類からお選びいただけます。
・アップルジュース
・オレンジジュース
・グレープフルーツジュース
・牛乳
・コーヒー

20181209_231954531_iOS

コーヒーはブラジル産浅煎り豆を使用しており、
毎朝スタッフがドリップしております。
朝のレセプションからはコーヒーの香りが漂います!

20181214_234623949_iOS

本日はトマトスープです。パンチが効いてて、朝の目覚めには最高です。

HAKONE TENT では温泉を24時間開放しており、
貸し切りでご利用いただけます。

8時頃に起きて温泉に入ってから、
ゆっくりこちらで食べるのもオススメです。
仲良くなった旅人とも一緒に食べれるかもしれません。
ぜひ余裕があればご検討ください!

朝食に関しましては
・毎度チェックイン時に有無を確認させていただいております。
・前日の21:00までにお申し付けいただきましたらご用意することができます。
・8:30~9:30の間にお越しください。
・前日の21:00以降、当日のキャンセルは返金いたし兼ねますので、ご了承ください。
・宿泊者様限定とさせていただいております。


まとめ

今回は箱根でおすすめの朝食をご紹介しました。
「Bakery & Table 箱根」さん、
「自然薯の森 山薬」さん
ご協力いただきましてありがとうございました。

まだまだ箱根には美味しいお店がたくさんあります。

強羅近辺お越しの際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

気持ちよく一日のスタートをきれますよ!

(天幕スタッフのtitiも朝食を紹介してます!こちらからどうぞ→上強羅のシークレットガーデン paSeo

HAKONE TENTは箱根の強羅に位置する温泉付きのゲストハウスです。スタッフで少しずつ箱根を皆様に知ってもらおうとブログをはじめました。

山々に囲まれた大自然の箱根を散策してデイタイムを楽しみ、HAKONE TENTに戻ってきて温泉へ、その後は自慢のBARで世界中からやってくるゲストとともに、くつろいでみませんか。

Writter

kohei
kohei
千葉県出身。大学在学中に東南アジア・オセアニア10ヵ国をバックパックで放浪。大学卒業後、山梨県と沖縄県で計1年間ホテルのレストラン・フロントを務め、今はHAKONE TENTで働く一方で、箱根の観光情報に関して研究中です。 基本コスパ重視の信念は揺らぎない。(笑)