閉じる

情熱のハイキング特集in明神ヶ岳〜金時山

2020/01/25
S__144605191

こんにちは!スタッフのTOMOです!
初のブログ投稿となります〜

さてさて今回は、ハイキング特集ということでね、ご近所さんの明神ヶ岳〜金時山に行ってまいりました。

前々日にめちゃくちゃ雪が降りましたので心配ですが、景色が楽しみで我慢できませんでした。

草木も眠る6時出発でございます。
ぁぁあ寒い寒い。

tentから宮城野の方にてくてく歩くこと20分、
明神ヶ岳の登山口が見えてまいります。

雪の影響で足場はかなり悪いですが、早朝のいい雰囲気出てますね。
S__144605186

 

S__144605188
登山口から頂上まではだいたい70分ほどでしょうか? めちゃくちゃしんどかったですねー笑

今回のバディ歴戦の山戦士こと土屋くん(先輩)もきつそう笑
S__144605189
S__144605190
まぁすごい。箱根じゃないみたい。

さてさて大の大人がぜぇぜぇいいながら
そんなこんなで頂上に着いたのですが、

S__144605191
めちゃくちゃ景色最高です。
うひぁぁ登った甲斐あったなぁ、、、

ところが今回の登山、ここで終わりではないのです。

こっから金時山!
S__144605192

S__144605193
尾根伝いにひたすら歩きます。
ほとんど下り坂なのでここは楽ちんでした。
S__144605194
もうちょっとで金時山のエリアです。
S__144605195
道中こんなモンスターに会いました。仲間になりたそうにこちらを見ている。

さて、金時山登り始めるとなんとまぁ辛いこと辛いこと。山のレベルからするとそんなにハードではないはず。

あっ
明神ヶ岳登ってきたからこんなに疲れたんだ!

と気づいたらすでに頂上に着きました笑

いや、これまたSo nice view!
金時山は、かの有名な金太郎の舞台でも有名でございますね。

S__144605196
(これは旅の相棒、愛と情熱のやかん)

 

S__144605197
山の上でlet’s cooking! 難しいことはありません。情熱とお湯を注ぐだけです。

 

S__144605199
食後はコーヒー。豆は自家焙煎です。
これは格別でしたね。

下りはめちゃくちゃ早くて、ものの20分程度で、仙石原の方に出ることができました。

帰りはバスで強羅駅まで、楽ちんですね。
さてさて、こんな感じでハイキングは締めくくられましたが、やはり改めて感じるのが、

ハイキングに行く服装や、靴などの装備って本当に大切だなと思いました。
もし今後箱根でハイキングをされる方がいたら、せめて靴だけでもしっかりしたものを履いて頂きたいです。

箱根はまだまだハイキング需要が少ないのですが、都心からのアクセスの良さを考えるととても良い環境だと思います。

皆さま、自分だけの景色を愉しみたい、箱根の山を開拓したいという方がいらっしゃいましたら是非お越し下さい。

その時はHakone tentに泊まってくれたら嬉しいです!

ハイキングに関しても、宿泊に関してもいつでもお問い合わせ下さい!

それではまた!

Tomo

HAKONE TENTは箱根の強羅に位置する温泉付きのゲストハウスです。スタッフで少しずつ箱根を皆様に知ってもらおうとブログをはじめました。

山々に囲まれた大自然の箱根を散策してデイタイムを楽しみ、HAKONE TENTに戻ってきて温泉へ、その後は自慢のBARで世界中からやってくるゲストとともに、くつろいでみませんか。